大学を卒業してから3年、何よりも私は「高い給与」を得ようというスタンスで激務をこなしてきました。毎日終電前まで仕事をするのは当たり前で、休日出勤も月に何度もこなし、その見返りとして同世代よりも高い給金を貰うことに心血を注いでいたのです。
たまのお休みの日は、日ごろの疲れから一日家で寝ているだけの生活を送っていましたが、自分では「これでいい」と思い、これまでやってきました。

新卒採用【日本ユニシス】

ですが、ある出来事を境にこの考えは180度変わることになります。私は26歳という若さで、ひどい胃潰瘍で入院することになってしまったのです。その時担当してくれた医者からは、「君、こんな生活をしていると寿命をどんどん削っていくことになるよ?」と宣告めいたアドバイスをされてしまい、1か月に及んだ入院生活の中で、自分の働き方と人生について見つめ直したのです。

スキルテスト | ランサーズ

確かに、今の会社で毎日激務に明け暮れれば、高い収入が見込めます。ですが反面、今経験しているように体をきっと悪くしていくことでしょう。お金がいくらあっても、健康を害するとどうにもならないことが長い入院でよく分かった私は、今の会社を辞め、もう少しゆったりと働ける求人を探すことにしたのです。


今度会社は、給与よりも福利厚生などの面が充実していることを重視しようと考えていますが、まずは病み上がりの身体を労わりながら、少し気持ちを休め、リフレッシュしてから求職活動をスタートさせようと考えている私なのです。